本棚のない本屋

シャッタースピードを固定してピント合わせ・構図のトレーニングで写真上達を!!!

f:id:PeKe:20201208203318j:plain

おはこんばんにちは、Sa-Sha🐾です。

 

写真がうまくなりたくて、ゴソゴソやってる毎日です。そん中「シャッタースピードは最重要項目!1/200出せればOK。後はAUTOでいい!」っておっしゃってる方がいて、「お💡」ってなり、やってみました。要は最近のカメラは優秀じゃから、基本カメラにまかせれば綺麗な写真は撮れる!でも、ピントと構図は撮る人しか決めれないから、そこに重きを置いて写真と向き合えば写真がうまくなる!!とのこと。

 

おぉぉぉぉー!!
なるほどー!!

 

写真上達のため

シャッタースピードは1/200で固定(屋外は1/500)

◆他の設定(F値、ISO)はAUTOでカメラにまかせる

◆ピントと構図に集中して撮る

◆ちょっとした明暗は露出補正で調整する

 

なぜシャッタースピードが1/200なのか?

最近の機種の多くは、手振れ補正機能が優秀になってきていてブレブレの写真が出来上がることは少ない。でも、被写体の動きは検知して合わせてくれないから、いわゆる被写体ブレを起こしてしまいます。これを防ぐためにシャッタースピードは1/200以上が望ましいらしい。(もちろん早く動く被写体に対してはもっと早く設定する必要がある)
ちなみに「屋内:1/200、屋外:1/500」がおおまかな目安らしい。

 

ってことで、シャッタースピードを固定(シャッタースピード固定モード)にして撮ってきた写真をご覧ください。

ソニー機の場合はダイヤルを「S」に合わせた撮影モードのことです💡

 

ドゾ(꜆ ˙-˙ )꜆♡

 

SSを意識して撮影した写真

f:id:PeKe:20201207232217j:plain

ISO 100 f/8.0 1/500sec

f:id:PeKe:20201207232322j:plain

ISO 100 f5.6 1/500sec

f:id:PeKe:20201207232523j:plain

ISO 100 f/4.5 1/500sec

f:id:PeKe:20201208204153j:plain

ISO 100 f/10 1/500sec

f:id:PeKe:20201207232753j:plain

ISO 100 f/5.6 1/500sec

f:id:PeKe:20201207232948j:plain

ISO 100 f/1.8 1/500sec

f:id:PeKe:20201207233520j:plain

ISO 320 f/5.6 1/500sec

f:id:PeKe:20201207233723j:plain

ISO 125 f/6.3 1/500sec

 

やってみて思ったこと

めちゃ構図に集中できる!(うまいかは別。)これまでは、安定のAモード(ただのF値優先モード)で撮影することが多かったのですが、それ以上に構図に集中して写真を撮ることができました。それと同時にもっと構図の勉強もしないといけないなと思いました。これからもっと撮っていい写真を量産していきたいですね。これをみてくれてるあなたの写真生活が少しでも楽しくなれば幸いです🍀

 

使用機材